金属事業部門

開発合金を掲載

「いわて発」フッ素樹脂成型用 高耐食・高耐摩耗合金 COBARION®-101

「いわて発」650~700℃領域耐熱合金 COBARION®-TSE

上記2件の開発合金の特性表を掲載致します。

 COBARION-101.pdf

COBARION-TSE.pdf

女川発エレキギターにコバリオン採用

 3月12日に女川町のセッショナブル様の新工場にて発表がありました。

セッショナブル様とは県は違いますが、同じ沿岸部にある中小企業として、ものづくりを通し地域の活性化に繋げたいという互いの強い思いが、ギターを通し絆を構築する事ができました。

この度、コバリオンが採用された特徴として、1つ目は、プレイヤーの手汗がついても朽ちることがないこと。2つ目は、コバリオン独特の特殊な結晶構造が音の伝達や響きに好影響を与えるのではないかと考え、試奏の結果、高評価を頂き、今回のエレキギターのパーツに採用される運びとなりました。

 

エレキギター問い合わせ/セッショナブル様HP 

http://glide-guitar.jp/

20160315085005-0001.jpg

金属事業部に新しい設備が導入されました。!!

平成26年5月までに、先端技術実証・評価設備整備費等費補助事業を活用して、金属事業部に新しい設備が導入されました。

 100kg真空溶解炉

100㎏真空溶解炉 .JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

300㎏加熱炉 

 P1000213.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

研削機械2台

P1000214.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100㎏真空溶解炉、300㎏加熱炉の導入により、これまで30kgしかできなかった溶解が100㎏までできるようになり、コストの圧縮が可能になりました。

これにより、コバルト基合金の少量での試作・開発に加え、小ロット・短納期に合わせた製品製造まで試作・開発終了後も対応できる体制が整いました。

 

 

 

生体材料・その他特殊素材

金属事業部門

釜石・大槌地域産業育成センターに於いて東北大学の千葉晶彦教授の開発した低NiCo-Cr-Mo合金の素材製造技術を確立し、当社が設備を譲り受け技術を継承したものであります。

  1. 小ロットでも対応致します。
  2. 成分目標値の指定で溶解を致します。
  3. 試作品の開発をお手伝い致します。
  4. 短納期で納めます。

上記のニーズにお応え致します。

製品事例
 

 

生産工程

真空溶解によるCo-Cr-Mo合金インゴットの溶製   インゴット重量:5kg・10kg・27kgの3種その他サイズはご要望ください 丸棒・ビレット・板材など各種熱間鍛造により成型可能 φ40以下の丸棒材も加工可能   ※検査体制   *引っ張り試験 *化学成分分析 *ミクロ組織観察 *ロックウェル硬さ試験